デブの着痩せオシャレファッション!魔法の着こなしを一部紹介

ファッションよりもスタイルで選んでいませんか?

この色は太ってみえるな。この柄は大柄だから体型まで大きく見えちゃう。

横じまはやっぱりデブには禁止だよな。そんなことを考えて服を選んでしまってませんか?

私が提案するデブの着痩せオシャレファッションなら、ブクブク太っちゃったボディーでも可愛く見えてしまいます。そんな魔法の着こなしを一部紹介したいと思います。

着痩せ色の黒

ついつい着痩せ色の黒を選んでしまっていませんか?

確かに黒は締まって見えますが、それよりもマイナス点が多い色です。クールに見えるのはスタイルのいい人くらいでしょう。まず、暗い。そして、体型を気にしています、と看板を背負って歩いているようなものです。どうしても黒を着たいのなら、顔近くに白をおき、明るいイメージをだしましょう。インナー重ねるには、白のカッターシャツなどおすすめです。

同系色

同系色でごまかさない。
インパクトのある色を、縦に、腰部分まで一直線にいれる。メリハリがでて、印象が細長くなります。インナーを明るく柔らかい色にし、長めのカーデガンを肩にかける。ポイントは袖をくくらずに垂らすこと。そうすると、中央にお顔一個分の線ができますよね。

避けるデザイン

フレンチリブ、ガウチョパンツ、ショートTシャツ、ショートパンツ。この辺りはまあ、みなさんご存知でしょう。
レギンスや重ね着で工夫しましょう。

 

おしゃれなゆるファッション

ボディラインが気になる季節になりました。

ノースリーブにショートパンツ…肌見せコーディネートが増えますが、やはりぽっちゃりには敷居が高いです。

しかも体にフィットするタイプのアイテムなどもってのほかです。

うっかり万年長袖や大きめのTシャツ等に逃げがちですが、せっかくなのでおしゃれにゆるく着こなすことをおすすめします。

まずはやはり気になる体のラインを隠すため、もともと大きめに作られたものやだぼつきがポイントになっているアイテムを投入します。

ここで気をつけたいのがアイテムの素材と形です。

例えば大きめトップスと言ってもシンプルなTシャツをおしゃれに着るのはぽっちゃりにとっては至難の業です。

なのできちんと感のあるシフォン素材や、ハリのあるポリエステル混合生地、しっとりとしたシルエットが魅力のレーヨン素材などがおすすめです。

ボトムは体型によります。

足が細めの方はスキニーや、ショートパンツ×レギンス・トレンカと組み合わせるとメリハリが出で気になる部分を上手くごまかせます。

洋梨体型の方はボトムも思い切ってだぼっとしたものを履いてしまいましょう。サルエルタイプはヒップ~もも部分が太めに作られているのであのだぼっと感がこなれた雰囲気を演出します。

ストレートの太めのパンツも裾を折り足首を出せばすっきり。低めでもいいのでヒールのあるサンダルなどを合わせると足長効果も期待できそうです。

出産を機に20kgも

出産を機に20kgも太ってしまい、産後3年が過ぎた今でも5kgしか痩せていない
ぽっちゃりでも自由なコーディネートで服を楽しもう

出産を機に20kgも太ってしまい、産後3年が過ぎた今でも5kgしか痩せていない私。

当然、それまで着ていた服は全部入らなくなり、新たに買い直しているところなのですが、最初は体型を隠す事ばかりを考え、だぼっとした服ばかりを買っていました。

勿論それで、一番気になる体のラインは見えなくなるのですが、買い物などに出て全身が映る鏡の前に行くと、何だか余計に太っている事が強調されている気がして、がっかりした記憶があります。

街を歩いていると、太っているのにお洒落に服を着こなしている人を見掛けたりします。

太っていると、とにかく肌の露出を控えがちですが、その人は腕も足も出ていて、やっぱり明らかに太ってはいるのですが、着ている服のテイストに体型が合っているようなそんな錯覚を覚えるくらい、上手に服を着ています。

例えて言うなら、森三中の村上さんや大島さんと言った感じでしょうか。

太っている人にとってはタブーとされている重ね着やボーダーも、かわいらしく着ていて、憧れます。

とは言え、私自身は彼女達のようなかわいい感じの服は自分では好んで着ないので、あの格好を丸ごと真似すると言う事は出来ません。

でも、突破口が見えた気がして、それから、体のラインを隠したり、肌の露出を抑え過ぎる事は止めてみました。

多少、お腹のぽっこりが気になっても、夏は夏らしい素材の物を着るようにしたり、デコルテや腕などは積極的に出すようにしてみました。

服の色も、少しでも痩せて見えるように黒や紫などの、暗い色ばかりを着ていましたが、今年の夏は黄色や薄いグリーンなど、鮮やかな色にも挑戦しました。

結果として友人からは「痩せた?」「印象が変わって見える」と大好評でした。

いつもを違うコーディネートをしてみて思ったのは、太っていても、選ぶ服の素材や丈などで十分お洒落を楽しめるという事。

体型を隠す事よりも、自分がどんな服を着たいか、という意識がとても大事なのだと思いました。