ぽっちゃり女子コーデが可愛い魅力的な女子力発揮!

大きいサイズ レディース
ワンピース/パンツ/チュニック/トップス/ロングスカート/チューブトップブラ/アウター レディース/マキシ丈ワンピース/レディース 服

ファッション誌を見ていても、「自分では着れない、似合わない!」なんて思っている方に
必見のぽっちゃり女子コーデをご紹介し!
自分らしいコーデを見つければ、きっと自信もついてくるはずです。
そうなればあなたの魅力である女子力も発揮できるはずです。
そんな魅力を発揮できるぽっちゃり女子ファッションコーデをぜひゲットしてみてください!

オールシーズンアイテムとして使えるのが、ストライプです。ボーダーではなく縦ラインをうまく使うと言うものです。ボーダーは使い方によっては、逆効果で太く見えることがありますが、縦のストライプは、よく耳にする縦効果でスタイルがよく見えます。この縦長効果をうまく使いましょう。ストライプのトップスなら、スレートパンツですっきり、そのまま縦ラインを生かしたコーデにします。非常に縦のラインがすっきりした印象のコーデにしてくれます。
また、縦長効果で言えば、ロングカーデなどのコーデも有効です。前を開けて縦のラインを作ります。これだけで縦長効果もありますが、それにいくつかの要素をプラスします。中に着るトップスはボトムスにインしてきましょう。なかなか太めの方にインして着るのは抵抗があったり、太く見えると感じるかもしれません。しかし、ロングカーデなので、それほど気にすることはありません。前の一部からしか見えません。この時ウエスト位置は少し上になるようにすると、非常に縦ラインとの効果もあり、脚長効果が生まれます。この時ウエストの太さよりも脚長効果に目が行くはずです。また、ベルトの色目を赤などで、はっきりさせることでウエストが強調されて細くメリハリの利いたボディに見えます。ちょっとそれでもトップインに抵抗があるなら、そのベルトは太めのリボンなどが付いたものにすることをおすすめします。その少し目立つリボンなどに目が行きウエストの太さなどには目がいきません。ここでは、縦長の中にウエストのくびれと、脚長効果が生まれるのです。しかし、この時の注意点はボトムスは、あまり丈が長すぎないことです。もしパンツで長めの場合でも、太く広がったものは避けましょう。ロングカーデとボトムスの裾が重なって重く感じます。そうなるとせっかくの縦長効果が台無しです。あくまでも、足元は少しスッキリするぐらいのほうがおすすめです。この時の足元は縦長効果を維持するために、足は軽めのやパンプスやサンダルがおすすめです。肌色が見えることで脚長効果がここにも続いているかのように見せます。そのためには、肌色が多く見えるパンプスやサンダルなどが有効アイテムです。
また、先ほどトップスのボーダーは逆効果と言いましたが、このようなロングカーデなどであれば、ボーダーの見える範囲が少なく、それでいてインパクトがあるのでおすすめです。このようにちらっとだけボーダーをアクセントとして見せるのなら、逆に効果的に使うこともできます。自然とボーダーに目が行き、他の部分へのカモフラージュ的な役割を担ってくれます。使い方と工夫で同じアイテムでも効果は大きく違ってきます。
他には、女子の大好きな花柄をコーデに取り入れたい場合は、必ずではありませんが、大きめの花柄がおすすめです。最近はレトロ調のコーデが流行っています。ついつい小さな花柄をチョイスしてしまいそうですが、太めの方には大きめの花柄がおすすめです。と言うのも大きい花柄だと、インパクトがあり花柄に目がいくものです。その効果を使います。ちょっと濃いめの花柄であれば、一層引き締まった印象にも感じます。この花柄を前面に出さなくても、ちょっとしたアクセントにすれば、非常に効果はあります。全体的にぼやけた印象のコーデだと、アクセントもなく全体的に太った印象が大きくなります。そこでどこかに目の付くアクセントを置くことも重要なのです。もし全体的にアクセントがなくぼんやりした印象のコーデなら、即席としてインパクトのあるベルトでウエストを出しメリハリをつけるのもいいですよ。ちょっとした工夫でイメージは変わるんです。
また、最近雑誌でもよく見かけるスキニーパンツですが、スキニーを前面に出したコーデは、太めの方にはあまりおすすめしません。スキニーパンツがパンパンだとかえって太く見えてしまうかもしれません。スキニーを使ったコーデにしたい場合は、チュニックやワンピースにコーデするのがおすすめです。トップスをふんわりAラインにしておき、足元をスッキリさせるのです。その場合であればスキニーよりもレギンスのほうが楽にはけます。でも、トップスとパンツのメリハリが脚を細く見せます。この時できれば、ちょっと短めのパンツのほうがすっきり見えます。足首をさりげなく見せるほうが、細く見えるのです。
他にも、ボトムスをふんわりフレアスカートなどで可愛いコーデにしたい場合は、トップスは思い切ってインしたほうがおすすめです。ついつい太めの方はおしりを隠そうと長めのトップスを選びがちですが、それは逆効果です。せっかくふんわりしたフレアスカートでおしりが隠れているのに、逆にトップスを長めにしてふんわりを消して体のラインがうっすら出てしまっている方がいます。その場合は、トップスは思い切ってインしてウエストのくびれを出し、その下はフレアでふんわり体のラインも見えず、くびれとのメリハリが非常に効果的に作用してくれます。まさしく太めでも十分可愛くフレアスカートを着こなしできます。この時のフレアスカートも長めではなく、ミモレ丈で足首は見せることをおすすめします。足首は非常に女性らしさを感じるポイントでもあります。
他にも、まだまだあります。トップスですが、デコルテをうまく使えば非常に女性らしく着やせして見えます。最近は非常にデコルテを見せるデザインのトップスも多く見受けられますので、選びやすいと思います。このデコルテはモテコーデには大事な役割も果たしてくれます。例えば、合コンなどは、はっきり言って上半身勝負です。基本的に上半身が常に目に留まるのですから、そこでデコルテは、有効に活用すべきなのです。この時に胸を強調するよりも、デコルテを強調するほうが魅力的かもしれません。また、デコルテを見せる時のアクセサリーですが、チョーカーのような短めは太めの方にはおすすめしません。逆効果だからです。その場合はトップに何かポイントのあるネックレスがおすすめです。ゆったりとネックレスをつけている感じにしてください。ネックレスが引っ張られている感じになると太さを強調してしまいます。あくまでも、少しゆったり目のものをチョイスしてください。また、トップスでも首が詰まったものよりもゆったり目の抜け感のあるものをチョイスすると、太めの方の魅力が非常に効果的に発揮できます。せっかくのふくよかでおおらかさが魅力ですから、そこは窮屈な印象のコーデは避けましょう。
コーデの際のカラーですが、どうしても膨張色は避けようと思って、黒や紺ばかりをチョイスするのも、効果的ではありません。コーデの中にメリハリをつける意味で有効に使うのがいいのです。
このように太めの方のコーデには、ポイントがあります。まずは、太めであることを意識しすぎて隠そうとしすぎると逆効果です。トップスでおしりを隠したい気持ちもわかります。しかし、トップスで逆におしりのシルエットが出てしまっては、本末転倒です。ここは、やはり、短めのトップスやトップスをインしてスッキリさせましょう。すっきりしている部分には目は留まりません。そこで別の部分にアクセントをつければ太めも、さほど気にならなくなるはずです。
また、足なども太いからすべて見えないと言うよりは、足首などを少し見せることで、ぐっと清潔感や女性らしさが感じられます。デコルテも同じことが言えます。メリハリ効果や、アクセント効果をうまく使えば、太めの方も十分女子力が発揮でき魅力的な女子になります。

デブファッション大きいサイズ通販
デブでも似合う服/ぽっちゃり女子ファッション/太っていても似合う服/デブ コーデ