上半身が太っている体型をカバーできる服装

私は、昔からぽっちゃり体型です。
足だけは普通の人と同じぐらいの細さです。
何度もダイエットに挑戦していますが、その度にリバウンドしてしまいます。

そんな私は洋服が大好きなので、上半身をカバーしながら細く見える服装を常に模索しています

私なりの上半身が細く見えるポイントは、
まず大きな柄のあるトップスを着ることです。

柄に目線がいくので、体型が気にならなくなる効果があります。

花柄やドット柄でも、その柄が大きい物が必ず売っています。

もう一つは、胸の下あたりで切り替えのあるデザインを選ぶことです。

ワンピースやチュニックを着た時には、
お腹周りはカバーできますが、メリハリがなくて逆に太って見えることがあります。

切り替えしがあるだけで、一度締まった部分ができるのでとても効果があります。

私はとにかく足だけは普通の細さなので
、ウエストが入らなくても無理して細身のパンツを履くことがよくあります。

もちろんそういう時はトップスを長めの丈の物を選ぶようにして、
お尻が隠れるぐらいにします。

また、ミニスカートやショートパンツを履いて敢えて下半身の露出を増やすこともあります。
目線が下にいくように工夫しています。

最近は、ぽっちゃり向けのファッション誌も販売されているほど洋服は沢山あります。

この体型だからといって着れない服はあまりないと思います。

女性に生まれたからには、ぽっちゃりだろうがお洒落は楽しみたいです。

大きいサイズ 細く見える 着やせ着こなしのポイント

大きいサイズでもすっきり見せる!

レディースファッションのポイント
近年、ぽっちゃり女性はモテると言われてから大きいサイズの洋服の認知も随分広がってきました。

実店舗でもネット通販でも普通サイズのものと変わりないデザインが多いので
「地味~な色の服しかないんじゃ…」
「デザインが可愛くない!」ということはなく、ぽっちゃりさんも十分にファッションを楽しむことができます。

しかし大きいサイズならではの気を付けなくてはならないポイントがいくつかあるのです。
ポイントをしっかり確認して、おしゃれをもっと楽しみましょう!

1.ゆったりしすぎない

たとえばゆったりしたトップスにはスキニーなどピタッとしたボトムス、
ふんわりしたマキシスカートにはピタッとしたTシャツ、というコーデは
バランスが良く一般的に浸透しているファッションでしょう。

しかしここ数年は上下ゆったりしたファッションも人気が出ており、
ボディラインを気にしなくていいので大分気が楽ですよね。

ただ注意すべきはサイズの違い。

普通サイズの女性がすればおしゃれで可愛いこのファッションも、
大きいサイズの人が真似すると余計に大きく見えてしまうことがあります!

ぽっちゃりさんは胸も大きい方が多く、
その分上半身により厚みが出てしまっています。

細い人ならストンと落ちてすっきり見える胸の部分も、
ぽっちゃりさんは胸から下が広がってより膨らんで見えてしまうのです。

そして、足の太さがわかるボトムスは嫌だから
下半身もゆったりしたものでいいか、こういうの流行ってるし!
と考えて上下ゆったりコーデ完成…。

さらに流行りのロングカーディガンを羽織ってトリプルゆったり、
なんて人も見かけます。

もちろん素材やデザイン、着る人の体型によるのですが
ぽっちゃりさんはやはりメリハリが大事です!

オーソドックスでも
トップスかボトムスどちらかはすっきりしたものを選んで引き締めた方が痩せて見えます。

また、あえてかなりオーバーサイズの服を着て「まるで彼氏の服を着てるみたい」で
可愛く見せるファッションもありますが、
あれもぽっちゃりさんがやると
よりガタイがよく見えてしまう可能性があるので要注意です。

(時にはあえていつもより大きいサイズを買ったのに意外とゆったりならない…なんてことも)
いくら楽だから流行ってるからといって
ゆったりしたアイテムに頼りすぎると逆効果になってしまうので気を付けましょう。

2.ダークカラーや寒色系が基本

黒やグレー、ネイビーなどのダークカラーや寒色系の色は引き締まって見える効果があるので
色で迷ったらそういう色味をチョイスしましょう。

白やピンク、オレンジなどは可愛いですが
膨張して見えてしまうのでバッグやアクセサリーなどで取り入れるのがおすすめです。

色味は全体のバランスを見ながら整えていきましょう!

3.縦を意識する

ストライプ柄の服を選んだりストールを巻く、
長いネックレスをつける、など
「縦のライン」を作ると細く見える効果が期待できます。

また、カットソーはVネックのものやデコルテが見えるものを選ぶと
顔周りがすっきりしておすすめです。

特に丸顔が気になる方はタートルネックなど首元が詰まっている服は絶対にNG

4.自分の体を知る

自分の体のどの部分を隠したいか、
どこなら隠さなくて良いかをしっかり理解しておくとコーディネートが組みやすくなります。

手首や足首などの必ず細い部分を見せるだけで印象は違いますよ。

ワンピースを着るならウエストマークを、
チュニックならAラインのものを、
下半身はわりと細いんだけど…と思うなら思いきってスカートを穿くのもポイントです。
(ただし短い丈は注意)

ぽっちゃりさんといえど体型は人それぞれですから、
自分はどういう体型なのか、
自分の体型にはどういう服が合うのか、
色々なコーディネートを試してみてはいかがでしょう。

最近はファッション誌でもネットでも
本当にぽっちゃり体型のモデルさんを使ってコーディネートを提案しています。

中にはスリーサイズや着ている服のサイズが記載されていたりするので
(そのスリーサイズが本当かはわかりませんが…)
それをチェックして自分と比べてみてもいいかもしれません。

また、テレビに出てるぽっちゃりタレントさんの衣装や私服を参考にするのも勉強になりますよ。

ただしタレントさんは画面の華やかさや目立つことを考えて
鮮やかな色(膨張色)やボリュームのある服装をしていることもあるのであくまで参考程度に。

5.考えすぎない!

少しでも細く見えるよう工夫する方がいる一方で、
ごちゃごちゃ考えずに好きな服を着たい!という方もいるでしょう。
そういう気持ちは大切です。

ぽっちゃりだからあの服はダメ、この服はダメ、ばかりだと
満足におしゃれが楽しめない…
本当は明るい色のふんわりしたい服が着たいけど我慢…
なんてストレスが溜まりますよね。

なのでたまには思いっきり自分の好きなファッションを楽しみましょう。

いくら服装に気をつかっても暗い顔をしていたり自信なさげにしているよりも、
好きな服を着て明るくニコニコしている方が印象は良いです。

体型よりも全体的な雰囲気や清潔感を重視する人だってたくさんいます。

無理せず、楽しめる範囲で考えることがポイントです。

今は様々な選択肢があり、
ぽっちゃりさんでも普通におしゃれができる時代です。

せっかく女性に生まれたのですから、
ほんの少し体型に気をつかって、
純粋にファッションを楽しんでみてはいかがですか!