大きいサイズ レディース
ワンピース/パンツ/チュニック/トップス/ロングスカート/チューブトップブラ/アウター レディース/マキシ丈ワンピース/レディース 服

むこうでは、きっとあなたはプチサイズです。

ぽっちゃりさんたち、ぜひアメリカでど派手なビッグサイズの服を買いましょう

最近でこそ、ぽっちゃりさんも市民権を得てきたようですが。

ファッションの世界では、ぽっちゃり体型のモデルなんて、まだまだ希少価値ですねえ。

とにかく全員が、細い。細いっていうか、ちょっと風が吹いたらたおれちゃうんじゃないのっていうほど。

華奢っていうのはキレイな言葉だと思うけど、あんなに痩せていては健康的ではありませんねえ。

そういう意味からいっても、これからはぽっちゃりがトレンドですよ!

大きめサイズの洋服も増えてきたことでもあるし、雑誌のラファーファみたいに太っていてもファッショナブルっていうのも出てきましたからね。

そんなぽっちゃりファッション、決め手は、ハデです。

太っている人は体型を気にして、地味な洋服を選びがちです。

そんな馬鹿な。もったいない。ダイナマイトなボディを持っていて、グレーや黒なんて着ちゃダメですよ。

逆にうんと派手にするんです。派手にすればするほど、ぽっちゃりさんは輝いてくるんですよ。

マツコデラックスさんを見てください。

あの人が地味なスーツなんか着たら、全然ダメでしょう。

ぽっちゃりさんのショッピングに最適なのが、アメリカ。

あるいはアメリカ資本のカジュアルショップです。

できれば現地サイズで買いましょう。

現地でショッピングするとあまりの服の大きさにめまいがしてきます。

しかも全部が派手。

幾何学プリントやピンクのハイビスカスなんて、普段着です。

ぽっちゃりさん、おデブちゃん、ぜひともショッピングのためにハワイやアメリカ本土に行ってみましょう。

むこうでは、きっとあなたはプチサイズです。

日本でのぽっちゃり位体型でアメリカでは標準体型

私がアメリカに移住したころ私の体型はまだ日本でのぽっちゃり位体型でアメリカでは標準体型だった。

食べるもの食べる量が日本とは大違いなアメリカで私はぶくぶくと育ち気づけばアメリカでもぽっちゃりと言われる体型になっていました。

日本らもって来た服はもやはピチピチ。

それでもさすがアメリカ、ここにいるとあんまり自分が太っていると思わない。

洋服のサイズも基本Mサイズだし外に出れば私より太っている人はわんさかいるし特に問題だと思っていませんでした。

私が自分がデブなんだと現実を知ったのは私の体重が65キロを超えたころでした。

たまたまジーパンを新しく購入しようと思い色々なお店を見てみるも丈が過ぎる。

日本から持ってきたジーパンは丈もデザインも気に入っていたのでネットで海外配送をしてみようとサイトをチェック。

お気に入りを見つけてサイズを確認し自分のサイズをちゃんとメジャーで測って見る。

何かがおかしい。

私のサイズに当てはまるものはXLと標準されていました。

さすがに普段Mサイズ着用の私がXLはないだろうと何度も確認しましたがやっぱりサイズ表ではそうなっている。

納得出来ない私は自分のアメリカで買ったMサイズの服をメジャーで寸法を確認しました。

するとトップスのサイズも日本で当てはめるとXLだったんです!

アメリカでは近年Mサイズが少しづつ大きくなっているとの事。

これはアパレルメーカーがお客さんに気持ちよく洋服を買って貰えるようにわざとそうしているのだそうです。

確かに普段より小さいサイズが入ったりしたら絶対買ってしまいますよねー。

サイズがいつもと同じでも自分が気づかないうちに太ってる事もありますのでみなさんもお気をつけ下さい。

外国のファッションは太めでもハイセンス?

ハワイだったのですが、LLサイズの私がうれしくなってしまうくらいに、周りの人達がみな大きい。

背が高いだけでなく、半端なく全体にすごいボリュームで、私なんか普通サイズに見えてしまうくらい。

その上、皆さんそ、それぞれ自分好みのファッションで街を闊歩しています。

日本での私は、なるべくお腹を隠したロングの上着、少しでも太い脚を見せないストレートのパンツ、大きなサイズのバッグ、という装いが普通でしたが、このハワイでは皆さんピッタリサイズや肌むき出しのファッションで堂々と歩いています。

ハワイの人だけではなく、各国の観光客も多いのですが、外国の方は歳がいくと太った人が多いのが特徴。

明治以降洋風化した日本とは違って、長い歴史のある洋風文化では、別にある程度年取ってくれば太っているのは気にもしないようです。

国によっては、太っていることは生活が豊かだという証拠でもありますし…。

で、「何が言いたいか」というと、海外旅行に行ったらその国のスーパーなり洋服店なりに行ってみることが良い、と言うこと。

小さなサイズを探すのが大変なくらいに、大きなサイズが揃っています。

しかも、センスは抜群に良いものがあります。

花柄の華やかな夏用のジャケットが気になったのですが、日本で着ることを考えてやめたことを後悔しました。

次の日にはなかったから…。

バーゲン中だったりしたら、もう絶対買いですよ。

日本には無いセンスのものが沢山あります。

以後、海外へ行ったら、絶対に繁華街の洋服店へと直行しています。安いから…。

デブファッション大きいサイズ通販
デブでも似合う服/ぽっちゃり女子ファッション/太っていても似合う服/デブ コーデ