ぽっちゃりさん秋の着こなし大きいサイズ レディース

肌見せも減るし、重ね着もできる、秋です。体型カバーにはもってこいの季節です。

夏はどう頑張っても薄着になりますし、肌を見せる場所も多くなります。
正直、ぽっちゃりであろうとなかろうと、体型が分かりやすい格好になるので、
夏というのはそういった悩みが増える時期でもあります。
しかし、いよいよ夏も過ぎて、気温も良い具合に下がってきました。
そう、秋です。
肌見せも減るし、重ね着もできる、秋です。体型カバーにはもってこいの季節です。

LサイズからLL 3L 4L 5までのファッション通販!

大きいレディースサイズ専門

M-6Lレギュラー~大きいサイズ:ワンピース・ガウチョパンツ・カーディガン・ コート・レギンス—大人かわいいレディース服・着やせ・ゆったり服た大きいサイズ レディース専門店
しかし、ここで油断してはいけません。
重ね着って、実は上手くやらないと体型カバーどころか、逆に太って見えてしまうことさえあります。
重ね着のポイントは、メリハリです。
全てを隠そうとするのではなく、見せる部分と隠す部分をほどよく作る必要があります。
絞る場所のないすとんとしたチェニックに、ジーパンなんかを合わせたりしていませんか?
さらにそのうえからカーディガンとかパーカーとか重ねてみたりして。
一度、鏡で確認してみてください。
お腹まわりや太もものあたりが太く見えませんか?
隠そうとするだけでは意味がありません。
見せる部分を作って、そこに視線を集めることで、本当に隠したい部分を見えないようにするのです。

例えば、太ももの太さが気になる人は、パンツよりもスカートをオススメします。
パンツって、しっかり足のラインが見えてしまったりするので。
スカートの長さは自分で細く見える長さを探すのが一番ですが、
ひざ下よりはひざ上のほうが細く見えることが多い気がします。
膝って、たいてい少し細くなる部分なので、そこをしっかり見せないといけません。
あとは、黒タイツを使うとなかなか締まって見えたりもします。

あくまで一例ですが、もちろん、人によって気になる部分は違います。
気になる部分を隠すために、どう見せたらいいのか、個人で研究してみるのが一番です。

カーディガンを肩にかけて巻く流行

カーディガンを肩にかけて巻くのが流行っていると聞きました。
洋服屋の店員さんに今年の流行を聞いたらカーディガンを肩にかけて巻くのが流行っていると聞きました。

昔のトレンディードラマが流行っていたころのファッションですが、半信半疑で街中を見ると、確かにお洒落な人はさらりと巻いているのを見かけます。

私自身の体型が胸もお腹もお尻もでっぷり出ている体型なので、シャツもお尻が隠れるくらいざっくりしたものをさがしますし、出来るだけシフォン系のふんわりしてごまかせるような服が多く、パンツもパギンスやレギンスを足の太さを強調しないように履きこなしています。

早速カーディガンを購入して巻いてみたのですが、鮮やかなカーディガンだと目線が胸よりも上の方に視線が行くので、とってもいいです。

ブーツをきつきつで履いているのを見られずに済むかも…と思うだけでもカーディガンを購入した甲斐がありました。

結婚して出産をして体重が結婚当初より20キロ増えて困っているのですが、出産時に購入しておいたフンワリ系の服がとても役に立っています。

出産後は胸も体型もさらに太っていたので、大きいサイズで調節できるものを購入しておくと、痩せても可愛く着られるし、太っていてもベストな状態で着られるので、2人目出産時のマタニティー服を購入する必要は全くなくなりました。

可愛い系よりも大人なシックな感じの洋服が好きなので、パンツやスカートは大きめサイズの専門店で購入し、上着はフンワリ系を海外サイズのお店で購入します。

そうすることによって、下の服がぽっちゃりさん専用に作られているので、逆に私たちの気持ちを察してキチンと着こなせるように工夫がしてある洋服が多いです。

パンツやスカートがしっかりしていると引き締まってみられるので、最初は大きめサイズ専門店は抵抗があったけれど、今はよくのぞいて行くようにしています。