大きいサイズ レディース
ワンピース/パンツ/チュニック/トップス/ロングスカート/チューブトップブラ/アウター レディース/マキシ丈ワンピース/レディース 服

チビデブ流大きいサイズの服の選び方

長いカーディガンを着た方が縦が意識されます。

また縦にタックやギャザーが入った服も同じです。

それもたくさんギャザーが入っている方が縦が意識されて着痩せているようにみえます。

さらに、柄がストライプなのも同じ効果が出るようです。

ストライプは爽やかな印象も与えるので春などには持って来いではないでしょうか。

逆にボーダーの柄を着ると、より膨張して見えるようです。
ボーダーの幅が太くなればなるほど太って見えるので、
ボーダーを着る時には、首元を見せたり、
暗めの色を選んだだり工夫してみましょう。

太って見えない色を使ってコーディネートしよう

黒・グレー・紺など暗い色は引き締め効果があります。

反対に白・黄色などは膨張させる効果があります。

自分の体型の中で太っていて隠したい部分には暗い色を使うと
引き締まって見えるので取り入れたらいいと思います。

しかし、全身引き締めたいからと例えば
全身黒にするのはあまりお勧めしません。
とても暗く見えてメリハリが感じられないからです。

うまく膨張色も取り入れて色の緩急をつけましょう。

しかし、太っている女性は、
ほんわかしたイメージがあり、女性ならではのやさしい・おおらかな印象を与えることがあります。

そのようなイメージを大切にしたい方には、
部分的に暗い色を取り入れ、白・ピンク・ベージュなどの色をうまく取り入れて欲しいと思います。

小物をうまく使ったコーディネートをしよう

着痩せして見えるコーディネートには、
視線を上へ上へをもってくることが大切です。

そこでお気に入りの帽子をかぶったり、
カーディガン等を肩にかけるのもいいかもしれません。

ちょっと派手めな小物などを駆使して、
色遊びするのも楽しいものです。

また、ヒールの高い靴も、縦へ強調されて痩せて見える効果があります。

コーディネートを楽しもう

コーディネートをする際に気をつけてみたいポイントを挙げてみました。
太っていると、それだけで自信を無くしてしまうかもしれませんが、
万人受けするファッションなどないと思います。

自分の体型をまずよく知り、
それに対して自分はどう感じているのか、
隠したい気持ちがあるなら色を考えたり
体型を拾わない服などを選んだり工夫できる手だてはたくさんあります

。しかし自分の体型に自信を持っている部分には、
そこを見せてバランスのよいコーディネートをして欲しいと思います。

見せることで、メリハリがつき、
着痩せして見えて自分らしさが生まれて来るはずです。

もちろんその際、やりすぎはいけませんが、
そうやって毎日ファッションを楽しんで
、自分なりのしっくりとくるコーディネートを見つけてほしいと思います。

デブファッション大きいサイズ通販
デブでも似合う服/ぽっちゃり女子ファッション/太っていても似合う服/デブ コーデ