ぽっちゃりコーデ!女性のデブファッションについて
隠しすぎるとダメ?程よいフィット感も大切!
ぽっちゃりしている女性のファッションについて

シルエット、ライン、色使い!大きいサイズ着こなしファッション!
最近は大型服飾店舗も増えて、可愛い服がとてもリーズナブルに買えるようになりましたね。

けれども、ぽっちゃりさん、もしくは身長がある女性は「どうせ私には着られないし・・・」と諦めていませんか?サイズの大きなお店に行けば大きい服は買えるけど、何だか柄がすごく派手だったり、胸回り、お腹周りだけがやたら大きかったり・・・。

ぽっちゃり体型でもオシャレを楽しめて、なおかつ体型もカバー出来る、法則があるんです。
今回は私自身の体験を踏まえ(私は身長168センチの70キロです。デブとまではいきませんが大柄です)、順を追って紹介したいと思います。

●シルエット
着た時の服のシルエットです。
特にパンツですが、サイズをあげても太ももがぱつぱつ・・・なんて人も多いと思います。
そんな時は思い切ってメンズパンツを履いてみましょう!
レディースパンツのように、ウエストとお尻、ふともも部分にメリハリが無く、ストレートなものが多いので太く見える・・・と敬遠しがちですが、履いてみると意外と横のシルエットが綺麗に見えます。

●ライン
とにかく細く見える服を・・・と、タイトなアイテムばかり選んでしまってませんか?
スカートはAラインのデザインの方が着やせ効果がアップします。
ウエストから裾にむかってふわっと広がっていく事により、太ももの太さがカバーできます。
その他、ドルマンスリーブも腕の太さをカバーしてくれるのでおすすめですよ!

●色使い
膨張色である白やパステルカラーは更に太く見せてしまいます。
濃いめのダークカラーを選びましょう。
とはいえ、ダークカラーばかりだとファッションもモノトーンに偏りがちですよね。
そんな時は重ね着で、中に好きな淡い色を着て、ジャケットやストールなど、はおりものをダークカラーにします。こうする事で、膨張する色を外からぎゅっと引き締めてくれるので着やせ効果アップ!

以上、シンプルなポイントだけ挙げましたが、いかがでしたか?
せっかく女性に生まれてきたんですもの。
「どうせ着られないし・・・」ではなく、少しコツを押さえるだけでぽっちゃりさんでも充分オシャレを楽しめます。色々試してみてくださいね!

デブファッションは明るく攻めて

 良く思うのは、デブの人って絶対に、カラフルな明るい服を着るのが良いです。

 もちろん年齢は考えてほしいのですが、デブがネガティブに見えるのは、何となく不幸に見える、という理由だと思うのです。

 明るくしてれば、思いっきり福の神な感じだと思うのですよ。

そこで、普通の体型の人なら、少し迷う、明るめカラーをぜひ選択して欲しいですね。

 ピンクのざっくりニットを、真ん丸な人が来ているのって、何かいい感じと、思いそうです。

 同じ理由で、あまりに寸胴チュニックはどうかと思う反面、無理なウエストマークもいらない気がします。

 レギンスもあえて引き締め黒ではなく、ちょい明るめなんて、素敵だと思います。

 ただし、デブの程度にもよりますけどね。ちょいデブなら引き締めを狙うのもいいかなという気はしますが。